農業ソリューション企業の仕組み

導入の実際例

Posted on 17.03.14 by admin

農業ソリューションを大手IT関連企業が後押しする形で様々な新規事業が起こされ、大きな収益につながっていますから資金運営や技術革新に企業の力は欠かせません。たとえばどのような企業が参入しているかと言いますと、パソコンメーカーとして名高い大手企業が園芸部門に参入し、農業学校での農業ソリューションシステムを駆使した授業を展開する事によって、次世代の後継者を育むお手伝いをしていますし、複数の農業組合と連携して生産者の生活支援や事業支援に貢献してもいます。

携帯端末機器の大手メーカーが農業ソリューションに関わっているケースもあります。畜産生産者の生産活動に対してクラウドシステムが24時間態勢で機動されています。このケースではタブレット端末を使って水田や土壌中のセンサーと連動させてデーター分析やデーター収集などが行われています。他にもブログを使って情報共有したり水稲の水質管理をしたりなどで役立たせています。

または牧場での飼育管理や使用電力の節電など、農業とは直接関係のない企業が自社技術を生産者に活用してもらいながら、農家としての収益を上げてもらう試みがしばらく前から実践されており、目覚ましい効果もあげています。双方でプラスになるシステムですから若い世代はもちろん、高齢者がモバイル端末を上手に活用しながら農業を営むといった新しい形での家族経営を作り出しました。一部の人の中には農村が激変していく事のデメリットを懸念する声もありましたが、逆におじいちゃん・おばあちゃんたちがスマホを操作して畑作業をがんばるなど農業ソリューションは様々な世代の人たちに歓迎されています。