農業ソリューション企業の仕組み

導入の実際例

農業ソリューションを大手IT関連企業が後押しする形で様々な新規事業が起こされ、大きな収益につながっていますから資金運営や技術革新に企業の力は欠かせません。たとえばどのような企業が参入しているかと言いますと、パソコンメーカーとして名高い大手企業が園芸部門に参入し、農業学校での農業ソリューションシステムを駆使した授業を展開する事によって、次世代の後継者を育むお手伝いをしていますし、複数の農業組合と連携して生産者の生活支援や事業支援に貢献してもいます。

携帯端末機器の大手メーカーが農業ソリューションに関わっているケースもあります。畜産生産者の生産活動に対してクラウドシステムが24時間態勢で機動されています。このケースではタブレット端末を使って水田や土壌中のセンサーと連動させてデーター分析やデーター収集などが行われています。他にもブログを使って情報共有したり水稲の水質管理をしたりなどで役立たせています。

または牧場での飼育管理や使用電力の節電など、農業とは直接関係のない企業が自社技術を生産者に活用してもらいながら、農家としての収益を上げてもらう試みがしばらく前から実践されており、目覚ましい効果もあげています。双方でプラスになるシステムですから若い世代はもちろん、高齢者がモバイル端末を上手に活用しながら農業を営むといった新しい形での家族経営を作り出しました。一部の人の中には農村が激変していく事のデメリットを懸念する声もありましたが、逆におじいちゃん・おばあちゃんたちがスマホを操作して畑作業をがんばるなど農業ソリューションは様々な世代の人たちに歓迎されています。

導入するメリットとは

農業ソリューションを導入すると良い事がいくつかおきます。管理しやすくなりますし生産性もアップしますから地味で貧しく陰鬱というイメージは一掃されるはずです。やってきた事の1つ1つが実績となり次世代への遺産になっていくのです。従来は村で開催される月に度の集まりで様々な情報共有がなされ、公共の農業指導会も開かれていましたし、田植えや稲刈りの時はお隣近所が協力し合い作業しながら交流も深め合っていました。

今でも地域によってこれらの交流は継続されていますが、農業ソリューションはこの働きをITの力を借りてさらに拡大させていますし、極めて合理的かつ負担が少なく人に優しい作業のあり方を実現しました。農業を事業として成り立たせるためには広大な土地と技術力と投資が必要となってきますから、これらをうまく循環させるためにも農業ソリューションは大いに貢献しました。

農業はもはや苦しいだけで実りの少ないものではなく生活を潤してくれるものとなっています。情報共有で得た知識や技術は財産となりますし若者にも夢と希望をもたらしますから、後継者問題にも一筋の光をもたらしました。それらがとりもなおさず農業の明るい未来へとつながっていくのです。喧噪な都会生活に疲労困憊した人たちのiターン現象も農業ソリューションの進歩を後押ししてくれています。農業は人の数だけ技術があると言われていた時代があったように、作物や家畜を育てるのは個人レベルでの巧みなアイディアと粘りに頼るものでしたが、情報共有が拡大した事で収益を出せる事業としての発展が期待できるようにもなりました。

農業ソリューション考

農業ソリューションが社会現象を引き起こす引き金になっていて、全国に農業を志す若者が急増中ですと言ったら“いったい何が起きているのか”と驚きの声が方々から聞こえてきそうですが、ついに農業にもIT技術が進出し次世代農業を構築していっていると言えば、なんとなく想像がつく人も多いはずです。かつて農家と言えば年寄りと幼い子供だけという貧困の代名詞のようでしたし、どこの家も借金まみれのまま子供たちに遺産相続され、気がつけば畑が駐車場になっていたなどといった話は遠い昔のようです。

今や広大な畑と田んぼに青々とした作物が実り、シーズンになれば30代から50代くらいのたくましい青年らが一斉に作業を始めていますし、作業小屋では農機具と共にパソコンやタブレットおよびスマホが完備されていて、あらゆる情報共有および管理がなされています。もはや農業とITは切っても切れない関係になっていますが昔ながらの勘だけが頼りの農業を営んできた、昭和一桁生まれの農夫たちにはSF小説を地でいっているかのように見えているかもしれません。

まず単語の意味から解説しますとソリューションはラテン語の“束縛から解放された”を意味するSOLUTが語源になっており、さらに英語の名詞形に変えて解答や解決策を意味するsolutionとなったものです。システムソリューションまたはICTソリューションと呼ばれる事もあるように、解決策を講じた組織を意味する場合もありますし問題解決につながる製品単体を示す場合もありますが、元々はIT専用語として使われていたものが農業にも導入されるようになった事で、次世代農業の形を表すようになったのです。これからの農業はIT企業も巻き込んでの一大事業となりつつあります。今回は農業ソリューション企業の仕組みについてのお話です。